「毒のある植物」の記事一覧

ベラドンナ

有毒植物『ベラドンナ』

ベラドンナの毒はアトロピンやスコポラミンと呼ばれるアルカロイドで非常に強力な毒性を持っています。全草に毒を持っており海外ではブルーベリーに似たベラドンナの果実を食べて中毒になる事故が起きています。摂取すると幻覚や痙攣などを引き起こし最悪死亡することもある危険な植物なのです。
ポインセチア

有毒植物『ポインセチア』

ポインセチアの毒はホルボールエステル類と呼ばれ、肌に付くと水ぶくれや炎症など皮膚炎の症状を引き起こします。誤って食べてしまうと嘔吐や下痢などの消化器系の食中毒を引き起こすこともありますが、致死性は低く命に関わることは少ないとされています、しかし近年の研究では発がんプロモーション作用があることが分かっているため間違っても口にするのはやめましょう。
チョウセンアサガオの花

有毒植物『チョウセンアサガオ』・幻覚を見させて狂乱状態になるという猛毒

チョウセンアサガオの毒は非常に強力で少量の摂取であっても吐き気や嘔吐の他幻覚、幻聴など精神に異常をきたす危ない成分です。根、茎、葉など全てに毒が含まれており、特に根をゴボウと間違えて食べてしまう事故が多く起きています。薬用として喘息や胃痙攣などに使われますが個人で使うのは余りにもリスクが高いので推奨されていません。
もものイラスト

桃の種には毒があるので食べると危険は本当?食べるとどうなるの?

桃の種にはアミグダリンと呼ばれる成分が含まれています。これは体内で分解されると有毒なシアン化水素と呼ばれる物質に分解され人体に対し強い毒性を発揮することで知られています。漢方では桃仁と呼ばれ薬用で使われていますが専門家以外が使うには危険が大きいため使わないようにしましょう。
チューリップ

有毒植物『チューリップ』

チューリップに含まれる毒はツリピンと呼ばれ肌に付くと皮膚炎になる作用があるため肌が弱い方は素手で触らないように注意が必要です。また大量に食べることで中毒症状を引き起こし下痢や腹痛などの消化器系症状となります。特にイヌやネコに対して毒性がつよいのでペットを飼われている場合は誤食しないように注意しましょう。